美しい時代へ 東急グループ

  • トップ
  • 「緑をつなぐ」プロジェクトとは
  • 取り組み
  • トピックス

「緑をつなぐ」プロジェクトとは

「緑をつなぐ」プロジェクトは、東急不動産ホールディングスグループがお客さまと一緒に、森林を保全する取り組みです。
マンション購入、オフィス利用、リゾート施設の利用といったお客さまの様々なご利用に応じて全国の森をまもります。
森林から産出された木材は事業で活用し、またお客さまへ提供するという循環型サイクルを形成します。

「緑をつなぐ」プロジェクト

ページの先頭へ

なぜ森林保全は必要?

適切に管理された森林には、CO2吸収に加えて、生物多様性の保全・水源涵養・災害防止など多くの機能があります。
持続的な森林機能を維持するためには、適切な整備(間伐、枝打ち、植林等)が必要です。

日本は国土の約7割が森林であり、世界有数の森林大国ですが、手入れが不十分で荒廃する森林が増加し、機能を発揮できない状況が進んでいます。
森林保全をサポートし、整備によって森林の健全な機能を発揮できるように守ることは、さまざまな地球環境保全につながります。

ページの先頭へ